SD法アンケート自動作成ツールを公開しました。

セマンティック・ディファレンシャル法/SemanticDifferential (SD法)は、感性や官能評価をする目的で作られたアンケートで、形容詞対を5段階または7段階で評価することによってそれを実現しています。

近年ではマーケティングや設計開発に使われるなど、人の感性を分析する際に使用されています。

このSD法ですが、ワードやパワーポイント等を使って作成することが一般的になっていますが、形容詞対の配置やスケール軸の配置等に時間がかかることが多いです。

そこで、本サイトでは無料でSD法アンケートがPDF形式で作成できるツールを公開しました。


(サンプル)



付属のcsv生成ツールを使うと、SD法アンケートの結果を集計して、分析結果を表示できる機能も近日追加予定です。

1.まずは形容詞対を記載していきます。SD法アンケートの評価軸の左側に表記したい形容詞、右側に表記したい形容詞をそれぞれ追加します。

「1行削除」「1行追加」ボタンを押すと、形容詞対を増減させる事ができます。


2.次にアンケートのタイトルや属性情報、説明を記載します。属性情報は例えば「被験者名:」や「日付:」等を入力しておくことで、そのアンケートがどの属性の被験者によって回答されたのか、アンケート取得日当日に書き込むことのできる枠を生成できます。


またスケール数はSD法のスケール段階を表しています。

5段階の場合は、

「非常に」「かなり」「やや」「ない」「やや」「かなり」「非常に」

のスケールを、

7段階の場合は、

「非常に」「やや」「ない」「やや」「非常に」

のスケールを作成することが可能です。


3.ここまで完了したら後は「アンケートを作成」ボタンを押すだけです。

無料のSD法アンケート作成ツールはこちらです。↓

Easy-Questionnaire

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です